読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術メモブログ

技術ネタの備忘録的なブログ。技術ネタ以外にも気になったことをつらつら書きます

MX MASTER レビューその2

金、月、火と3日間使用し、わかってきたこともあるので2回目のレビューを。

 

 <サムホイール>

・動作が不安定
  エクセルのとき、動いたり動かなかったりする(他にもあるかも)
  横スクロール動く範囲が限定的だったりする。
  エクセル2007ってのも原因ある?
   →右にずっと移動していかない時がある
    コンテンツが表示される範囲で止まる感じ

  必ずしも動作するわけではない
   【動く】
     エクセル(ただ動作不安定)
     サクラエディタ
     eclipse
      アウトライン
     フォルダ
   【動かない】
     astah
     eclipse
      コード部分
      パッケージエクスプローラ(何故か縦スクロールが動く)

  動く動作が、複数列まとめて動いたり(ホイール動作時、3行とか5行とかにした感じ)
   1行ずつヌルヌル動くような感じと、動作が安定しない
   前者の場合は、エクセルのコンテンツが表示しきる範囲で止まる。
   後者はどこまでも横にスクロールしてくれる。

   ※安定しない時は、別途エクセル開いて操作とかすれば、ヌルヌルに戻る
    デフォルトはヌルヌル動作


<マウス本体>
・マウスが高くなった分、かぶせ持ちがしづらくなった感じ
 →ここは持ち方なので個人差

・マウスが高くなった分、マウスの手前を持つような感じになった
 →かぶせ持ちがしづらくなった
  かぶせ持ちしてた人は違和感あるかも
  (使ってればなれる気もする。かぶせをしなくても、全部のボタンなどに指は届くし)

・ジェスチャーをカスタムにしたら、動作が一回だけになった
 →ずっと右に移動させた場合、右左右、と動作していたが、右一回だけに

・戻るボタンは、親指の腹でもなんとか押せる感じ

・進むボタンは、親指の腹だときつい

・実用的には、親指の右側面で推す感じが使いやすいかも

・MX-Rのドキュメントフリップボタンよりは、MX-M のジェスチャーボタンの方が届く範囲にある
  MX-Rのドキュメントフリップは若干奥にあるので、若干かぶせて持つ感じじゃないと操作しにくい
  (自分の持ち方だと、親指の先が触れる程度なので操作できないくらい)

  MX-Mは親指の左側面で押せる位置になるので、割と押せる感じ
  (といっても、親指は少し伸ばす感じだけど)


<その他>
・ポインタの反応がよくなっている
  MX-Rはたまにポインタが追従しない時がある(一瞬止まるような)
  MX-Mでは起こっていない
   →単に使い込んでいるせいなのか、どうかは不明

Logicool Options がインストールできなかったのは解決
 アンインストールを2回実施後、インストール実施したらできた。
 2回実施したのがよかったのかはわからないけど、やったのはそれくらいだし・・・

・ポインタの解像度設定は、MX-Rの方が幅広い
  MX-Rの方が、より遅く、より速く設定が可能
   →MX-Mの方が使えないというわけではない
    低速は十分にゆっくりとなる速度だし、高速も早すぎない程度のものだと思える
    (個人的にはもう少し速く設定できるとうれしい)